コンセプト


「CB750cafe」のコンセプトは「RCB1000」を現代風にアレンジすること

一番のこだわりはRCBの“テイスト”を現代に落とし込むこと。

RCB1000をモチーフにしたカフェレーサー「CB750cafe」を製作する上で、ホワイトハウスがもっともこだわったこと。それはRCBを「模写」することではなく、「RCBのテイストをいかにして現代に落とし込むか」ということでした。
「所詮はレプリカじゃないか」……そう思われる方もいるでしょう。しかし、RCBのテイストを現代に反映するのは、決して簡単な話ではありませんでした。


レプリカではない「本物」のテイスト

現代のバイクは、コンパクトに作られているのが特徴。塊感がありスキマが少ない印象です。
フレーム構成、車格、ホイールサイズなど、当時とはまったく違います。つまり、車輌を設計する際の思想や技術がまったく異なるわけです。

一昔前のバイクには「スキマ」「遊び」といったものがありました。例えば、バイクの横から向こうの景色が見えるといったような……。
その「現代と過去の異なる要素」をバランス良く取り入れることが特に難しかったんです。

なぜ「RCB1000」をモチーフにしたのか?

きっかけは「ロングタンクのオートバイを作ろう!」という想い

「CB750cafe」を作るきっかけになったのが、「ロングタンクのオートバイを作ろう!」ということ。当初にベース車輌として考えていたのは、CB1300SFでした。なぜかというと、「CB=HONDAのフラッグシップ」というイメージが強かったからです。

これまでホワイトハウスが作ってきたカスタムバイクは、デザインを武器にした「まったく新しいバイク」でした。その路線で行くなら、そのままのベースでも良かったかもしれません。でも今回目指したのは「旧き良き時代の雰囲気にホワイトハウスらしさをプラスする」ことだったのです。


CB=RCB=無敵艦隊ヒストリー=憧れ

私たちなりに、現在求められているバイクについて考えた結果、導き出された答え。それは「憧れ」をキーワードにすることでした。バイクに乗り始めたきっかけが「憧れ」だった方は多いでしょう。だからこそ、多くのライダーが憧れたRCBのような、大型空冷エンジンを活かしたマシンを作りたいと思ったのです。

CB750cafeは、単なるレプリカとは違います。ホワイトハウスが新たなアプローチから生み出したコンプリートマシンでもあるのです。

CB750 cafe をペーパークラフトで!

ペーパークラフト

以下よりA4サイズのPDFファイルのデータをダウンロードして下さい。

Get ADOBE READER

PDFデータをご覧になる場合は、Adobe Readerなどのビューアが必要です。
必要な場合はこちらのバナーよりダウンロードください。

TEL:048-465-2389 メールでのご相談・お問い合わせはこちらから

PAGE TOP